PS4

PS4の電源コードを自分の好きな長さに変更する方法【DIY】

こんにちは♪DIY好きな一砂です(@kazunabear)

PS4の電源コードって無駄に長くないですか?ちょうど良いって人もいると思いますが、自分は写真のようにテーブル上にPS4を置いて近くのテーブルタップに繋いでいます。(写真はコードを抜いた状態)

PS4設置

写真のように置くとPS4の純正コードだと長過ぎるんですよね~

いままではコードを束ねて使用していましたが「自分で好きな長さにしたら良いんじゃね?」って思いついたので実行しました。

今回のDIYは電気工事士の資格は不要です

ですが、電気を扱うので自信がない方はやめておきましょう。

また、当ブログを真似て実行し、不測の事態が発生しても自己責任でお願いします。

PS4純正電源コード

純正のコードってだいたい1.5mの長さがあります。上で書いたように自分の環境だと1.5mもの長さはいらないので余ったコードが邪魔になるだけ。

PS4純正電源コード

PS4の電源コードはACアダプターなどを間に使用しないので、本体に挿すだけになっています。

本体に挿す部分も一般的な電化製品などにも使用される『メガネ型』と呼ばれるものになっているので、破損してしまってもすぐに代用品を見つけることができます。

メガネ型コネクター

DIYでコードを短くする

準備する物

純正のケーブルはDIYで短くするには難易度が高いので、簡単にできるよう別にメガネ型の電源コードを用意します。

理由は写真のとおりで下側のようにコードが2本に分けられるようになっている方が簡単に加工できるからです。

電源コード比較

メガネ型電源コードはリサイクルショップのジャンクコーナーで100円。

コンセントの差込プラグはホームセンターで116円。

購入したのは上の2つぐらいで、電工ペンチは有った方が良いぐらいです。自分はもともと持っていたので今回使用しました。

写真に写っていませんが。他にプラスドライバーは必須で電工ペンチを持っていない人はカッターナイフなどを用意しましょう。

電工ペンチ

作業開始

用意した電源コードを自分が必要な長さ分測って切断します。自分は現物合わせで少し余裕を持って切断しました。

電源コード切断

コンセントプラグを開けて、長さを確認します。長さを確認したらコードを2本に分けます。このときにカッターナイフが有ると簡単です。

電源コード合わせ

2本に分けたらコードの中にある芯線を出す必要があるので、電工ペンチなどで芯線を出しましょう。カッターナイフでもできますが芯線を傷つけないように注意が必要です。

芯線をむく

芯線は出したままだとバラけてしまうので、ねじります。ねじる方向は反時計回り。

ネジを締めるときに右に回すので、ねじる方向は反時計回りなのです。

芯線をねじる

ねじった芯線をコンセントプラグにネジで固定するのですが、絶対に芯線の1本でも隣の金具に当たらないように注意してください。当たったまま使用するとショートします。

プラグ注意点

しっかり固定してコンセントプラグのネジを締めたら完成です。自分が欲しかった長さにできました。

電源コード完成

完成したら実際に使用できるか確認しましょう。自分は直接PS4に接続しましたが、心配な人はテスターを使用して確認してください。

PS4接続確認

切って余ったコードは今回と逆で、差込口を付けて延長コードにしても良いと思います。

余った電源コード

まとめ

純正の電源コードはどうしても自分が使いたい長さに合わないことが多いと思います。

そんなときは電源コードによっては自分で長さを調整できるので作ってみてはどうでしょうか?

今回ぐらいの工作なら数分もあればできるので、電気工作入門編と思ってやってみるのも良いでしょうね。

created by Rinker
¥1,358
(2020/10/30 10:16:33時点 楽天市場調べ-詳細)

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。