雑記

物撮り時に映り込みや反射を防いで写真を撮る方法

ブログの写真は基本的にiPhoneで撮っている一砂です(@kazunabear)

ガラケーの時代にはコンパクトデジタルカメラもバッグに入れていましたが、今ではスマホがあれば綺麗な写真が撮れます。

簡単綺麗に撮れるようになると、次はもっと綺麗に撮りたくなってきますよね?

特に光沢がある物を撮影しようとすると、どうしても反射や映り込みが発生してしまうのが気になります。

今回はそんな反射や映り込みを防いで少しでも綺麗な写真を撮る方法になります。

物撮り時の映り込みは結構簡単に防いで撮れる

iPadの画面のように映り込みしやすい物を撮影しようとすると、写真のようにかなり映り込みが発生してしまいます。

そのため思った通りの写真で紹介できないこともあります。

映り込みするiPad

ですが、ひと工夫するだけで室内の照明を消したりカーテンを閉めたりしなくても次の写真のようになるのです。

そのひと工夫した写真がこちら。

映り込みを防いだiPad

どうでしょうか?画面に写り込んでいた外の景色が消えてiPadの画面がはっきりと写っていますね。

今回は分かりやすいように映り込みしやすいiPadの画面で紹介しましたが、SNSの投稿やオークションへの出品に使う写真にも使えると思います。

同じ方法で撮影した「敬礼くま」です。ひと工夫した方が色も引き締まり、くまも凛々しく見えなくもないでしょ?

敬礼するクマ
敬礼するクマ

映り込みを防いだ方法

映り込みを防ぐために使ったのは100均で購入した黒のボード1枚です。

先程のiPadを撮影するときは写真のように設定していました。

黒のボードを使って光を遮り映り込みをなくしたってわけです。

完全に被写体を囲ってしまうと暗くなってしまいますが、ボードであれば必要箇所だけを覆うことが可能なのです。

ボードはダイソーで購入。

縦84センチ、横45センチぐらいでした。

まるまる一枚だと大きいので2分割して

黒のマスキングテープで繋げました。仮作成したときのままなので、貼り方が汚い・・・

簡単に作れるのに役に立つアイテムなので、写真の映り込みが気になっているなら作成をオススメします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。