WordPress

Gutenbergでクラシック段落が勝手に出るのをストップ

皆さんはWordPressの新しい投稿画面のGutenberg(ブロックエディター)には慣れましたか?

今回はプラグインの「Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)」が原因でクラシックエディター表示される現象が発生したので、その解消方法になります。

Gutenbergでクラシック段落が勝手に出現する

他に立ち上げているブログは最初からブロックエディターで投稿して練習していたのですが、慣れてしまうと従来のクラシックエディターには戻れなくなってしまいました。

そういうわけで、このブログもクラシックエディターのプラグインを外してやっていこうと思ったのですが、何故かクラシックエディターの段落が出現する現象が発生しました・・・

新規作成画面は通常のブロックエディター画面と同じです。

Gutenbergブロックエディター

ですが、段落をクリックすると・・・クラシック版の段落が出現します。

Gutenbergクラシック版

出現しても、ブロックに変換できるのですが、毎回毎回変換するなんてブロックエディターにした意味がありません。

Gutenbergブロックへ変換

テーマやWordPressのバージョンは同じなのに、こっちのブログだけ出現するのはおかしい!

考えられることはプラグインしかないって結論に至ったわけです。

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)の設定変更

適用させているプラグインを見比べていき、このプラグインはむこうのブログには入れていませんでした。

そうなると、一番怪しいのはこのプラグイン!

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)

プラグイン一覧の設定(上の画像の赤く囲った部分)をクリックするか、左サイドメニューの設定からAdvanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)をクリックします。

WordPressサイドメニュー

設定画面が開くので、下にスクロールすると、上級者向け設定の項目があります。

この項目の中で、上の2つに付いているチェックを外します。

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)上級者向け設定

外したら、さらに下にスクロールして変更を保存をクリック

Advanced Editor Tools (previously TinyMCE Advanced)変更を保存

これで、普通通りブロックエディターでブログの更新ができるようになりました。

今回は適用させているプラグインを見比べていけたので、不具合を発見するのも早かったので良かったです。

これがプラグインの微妙な設定の違いとかだと、もっと面倒くさいことになったと思われます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。