長州の片隅から発信していくブログ

【GoodNotes5】グッドノート 無料で使い倒す方法

グッドノート無料で使う
  • URLをコピーしました!

グッドノートは新規ユーザーが試しに使えるようにノート3冊までは無料で使うことが出来ます。

980円で買い切りなので追加料金は発生しませんが、アプリに課金するのに抵抗があるけどグッドノートは使いたいって人に役立つ記事になります。

目次

グッドノートを無料で使い倒す

課金しなくてもフル機能で使える

無料で使えるノート3冊は購入しないと解除されない機能はありません。

つまり3冊までは購入したユーザーと同じ環境でグッドノートを使えるってこと。

今回はそのフル機能を使えることを上手く使ったグッドノートを無料で使い倒す方法になるのです。

無料で使えるノートは3冊しかありませんが、使い方によっては3冊でも十分だと思えます。

ページの並び替えや検索機能も使えるので、1冊のノートにどんどん資料を追加していくのも手ですね。

ノートにページの制限はないので、1冊のノートが数百ページとなっても使えます

3冊に役割を持たせる

便宜上A、B、Cとノートに名前をつけて説明しますね。

AとBのノートは、どんどん資料を追加していくノートです。

Aを仕事用、Bをプライペート用などに分けても良いでしょう。

残ったCは資料書き出し用とします。

グッドノート無料で使い続ける

役割ごとの使い方

先程のAとBに関しては通常のグッドノートを使う方法で使用して大丈夫です。

どんどんページを追加して好きなように使っていきましょう。

さて、ノートの資料をPDFなどで出力したくなったとします。

しかもAとBそれぞれに入っている資料を1つにする必要が出たとしましょう。

しかもページはバラバラ・・・

ノートの中から選択して出力する機能がありますが、今回はAとBのノートからそれぞれ欲しいページがあるので、それぞれのノートで出力するとAとBの出力されたファイルが出来てしまいます。

ここで登場するのがCのノートです。

出力したいページをCのノートにコピーしてページ順などの体裁を整えて出力することでファイルも1つしか作成されません。

出力して資料が完成したらCのノートは削除します。

まとめ

グッドノートは無料で使える3冊だけでも役割を持たせることで使い倒すことが出来る。

ページのコピーなどが面倒くさくなり、もっとノートを増やしたくなったら購入するのも良い。

3冊のうち1冊は書き出し用に残しておき、資料出力の際に使用する。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次