周辺機器

Ankerウルトラスリムワイヤレスキーボードを購入しました

iPadで文字入力をしていて思ったのが、やっぱりキーボードがないと文字入力が遅いし、面倒くさいってことです。

iPadでブログ更新をしたいって思っているので、やはりその点は気になるポイントです。

Apple純正品でキーボード付きのカバーとか販売していますが、高いですよね・・・

そういうことで今回、Anker社製のウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボードを購入してみました。

Ankerウルトラスリムワイヤレスキーボードレビュー

今回購入したAmazonでは商品名が【Anker ウルトラスリム Bluetooth ワイヤレスキーボード】ってなっていますが、箱には【ウルトラ コンパクト Bluetooth キーボード】って書いていますね。どうでも良いですけど。

アンカーウルトラコンパクト

Ankerの商品は他には充電器しか買ったことがないのですが、パッケージは同じ感じですね。

写真が印刷されている白いカバーを横にスライドすることで、ダンボールを開けることができます。

アンカーキーボード外箱

中にはキーボード本体と、説明書、不具合が生じたときの連絡先が書かれた用紙が入っています。

ダンボールにAnkerの文字が入っていますが、この価格(購入時2000円)のパッケージにここまで力を入れなくても良いんじゃないかと思ったり…

アンカーキーボード箱の中身

キーボードのスペック

販売ページに書かれているキーボードのスペックは次のとおりです。

  • キー配列:US配列
  • 対応OS:iOS、Android、Mac、Windows
  • サイズ:幅28.4cm、奥行き12.2cm、高さ1.9cm
  • 重さ:191g
  • 電源:単4乾電池2本(別売り)
  • 駆動時間:1日2時間の使用で3ヶ月
  • 連続使用:360時間
  • 接続方法:Bluetooth3.0

商品ページには重さのところにビリヤードの玉ぐらいの重さって書いていましたが、日本人でビリヤード球の重さが分かる人ってどれぐらいなんでしょうね?

自分は分かりません。

Ankerウルトラスリムワイヤレスキーボード本体

デザインはいたってシンプルです。

シルバーの本体色にホワイトのキーという構成になっています。手にとってみた感じかなり軽いです。

LogicoolのMX Keys KX800と並べると流石に安っぽさはありますが、値段の割には良いんじゃないでしょうか。

アンカーウルトラコンパクトキーボード

厚みは写真のように奥が高くなっています。

キーボード横から

高くなった部分に電池を入れるようになっていて、キーボードのON/OFFスイッチもこの部分に配置されていて滑り止めのゴムも付いていますね。

アンカーウルトラコンパクトキーボード裏面

iPad pro 11インチと並べてみた

今回購入した目的でもあるiPadと並べてみました。

11インチのiPadよりも少し幅がありますね。

ですが、もう完全に小さいノートパソコンといっても良い感じです。20年前にワープロを触っていたときにはこんな時代が来るとは思ってもいませんでしたよ。

iPad pro11インチとキーボード

いまはiPadカバーの傾斜を利用して立て掛けていますが、スタンドがあると便利そうですね。

iPad pro11インチ

iPadと接続する方法

このキーボードはBluetoothで接続する形式なので、iPadとペアリングする必要があります。

説明書にも書いていますが、キーボードの電源を入れてキーボードのFnキーとZキーを同時押しし、ペアリングモードにします。

電源ランプはキーボードの右上に設置されていますが、スイッチを入れて数秒点灯後に消灯します。

キーボード接続方法

キーボードの電源表示が点滅するのを確認。

キーボードの電源ランプ

iPadの設定画面のBluetooth機能をONにしてAnker A7726を検索します。

iPad Bluetooth設定

検索が完了したら接続するために4桁の数字をキーボードで入力してエンターキーを押して接続します。

iPad Bluetooth設定認証

接続が完了したら、Bluetoothの接続機器にキーボードが表示されています。
iPad Bluetooth接続機器一覧

Ankerウルトラスリムワイヤレスキーボードの打鍵感

キーボードの打鍵感は人によって感覚が違うのでなんとも言えませんが、自分は普通に打ちやすいキーボードだと思いました。

MX Keys KX800と比べると少し固めの感じはします。

キーストロークは本体が薄いこともあり浅いです。

あとはUS配列なので、普段US配列を使用していない人は戸惑う部分もあるかもしれないですね。

まぁこんな物は使っている間に慣れていくしかありません。

タイピング音は、どこまでを静かと判断するのかにもなりますが、静かな場所で使用していると音がよく聞こえるなぁっていう感想です。PS4のコントローラーでLRを押したときの音に似ています。

そもそも安いので、高いキーボードなどと比べては可愛そうですけどね。

アンカーウルトラコンパクトキーボードで入力してみた

まとめ

購入時点でAmazonのレビューも2500件を超えていますし、なによりAnker社製ってことで安くても大丈夫だろうと思い購入しました。

キーボードにはショートカットキーもあるので、ちょこちょこ利用もできそうです。

パソコンを起動してさぁブログを更新するぞっていう感じがなく、iPadでも更新できるので、ちゃんと更新していきたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。