メダカ

(初心者向け)メダカや熱帯魚の飼育に使いやすい大磯砂

こんにちは一砂です(@kazunabear)

メダカや熱帯魚を飼うときに容器の底に敷く代表的なものとしてソイルという土を固めたものと、砂礫(されき)という自然の砂や砂利といった種類があって、その中でも色々種類があるので何を選んだら良いか迷っていませんか?

迷っているなら砂礫の大磯砂を選んでおけば間違いありません。

今回はそんな大磯砂についてです。

いままでに水槽やプラケースなどで金魚やメダカを飼ったことのある人は、見たことがあるだろうし、使ったこともあるであろう大磯砂。
学校に水槽があった人も記憶の中の砂は大磯砂じゃないですか?

大磯砂ってなんだろう?

大磯砂を使っている人ってかなりいて、熱帯魚を飼育している人も使うぐらいの砂ですが、その大磯砂ってどんな砂か知ってますか?

今の大磯砂は名前だけ?

大磯砂は神奈川県の大磯海岸で取られていたことが名前の由来と言われています。

取られていたって過去形なのは、昭和40年代に砂利採取法という法律が施行されて、それまで自由に取られていた砂が許可制になり大磯海岸の砂は採取許可が出なくなったためです。

だから今ショップに並んでいる大磯砂は名前だけで中身は大磯海岸産ではありません。

どこで取られているのか

現在大磯砂と呼ばれている砂は海外の海岸部で取られた砂を輸入して販売しています。だいたいが東南アジアなどの南国で取られているため、南国砂というパッケージで売られていることもあります。

海外で取られたからといっても、基本的に大磯海岸で取られたものと大差ないため使用方法なども変わりません。

粒の大きさにも種類がある

大磯砂には粒の大きさが大、中、小と種類があるので、それぞれの特徴を紹介しておきます。

  • 大粒
  • 通水性が良い

    通水性が良いだけにゴミや餌の食べ残しが間に入り込み底に溜まっていく

    水草水槽としてレイアウトしたくても水草が根を張るにも不向きなため、水草水槽にはむいていない

    川砂などと組み合わせて使うと、自然の川のような雰囲気がだせる

  • 中粒
  • ホームセンターなどで売っているものは、この中粒が多いので手に入りやすい。

    流通量が多いので他の飼育者から情報も手に入りやすい。

    水草が育たないこともない。

  • 小粒
  • まずホームセンターなどでは目にすることがないであろうサイズ

    通水性もある程度維持しながらも水草の根も張りやすいのでうまく使えば水草水槽にもできる

    底の方で暮らすコリドラスやドジョウといった砂を掘ったりする魚にも優しい

大磯砂を使うメリット

それでは大磯砂(南国砂)をメダカの飼育に使うメリットを見ていきましょう。

手入れが簡単にできる

大磯砂(南国砂)は小さな石なので、多少乱暴に扱っても粉々になることはなく、手入れのために何度洗っても再利用できます。

実際に自分は何年も洗っては使い洗っては使いを繰り返してますからね。

ソイルという土を固めた底床もありますが、ソイルは洗って何度も再利用するって使い方はできません。

そもそもソイルは洗うっていう使い方をしませんが・・・

ソイルにもメリットはあるのですが、どうしても崩れてくるし最終的には泥状になり廃棄する必要がでてきますが大磯砂なら普通の使い方なら一生使えます。

掃除が簡単にできる

メダカや熱帯魚を飼育していると、どうしても底にゴミや餌の食べ残しが溜まっていきます。

ですので定期的に水換えと併せて底のゴミなどを排出しないといけませんが、大磯砂なら少々手荒に掃除用品でザクザク刺しても割れることなく掃除できます。

それにゴミなどより重たい石なので掃除のパイプに吸い込まれることなく、ゴミなどだけを分離して吸い出すことができるのです。

ゴミが溜まったままになると、水質が悪くなりメダカや熱帯魚が病気になる原因になります。

うちでは屋内水槽の掃除にはプロホースという掃除用品を長年愛用していて大活躍しています。

川砂などの砂も再利用できるので使ってるいる人も多いと思いますが、底床掃除でプロホースを使う時に砂ごとゴミを吸い出してしまう経験もあると思います。

しかし大磯砂(南国砂)なら小さな石なのでプロホースに吸われることなくゴミだけを吸い出すことができます。

プロホースがいちばんのオススメですが、100円均一にも掃除用品が売ってますね。

簡単に安く手に入れることができる

大磯砂(南国砂)は生体を売っていないホームセンターでもアクアリウムコーナーに行けばほぼ間違いなく売っていますよね?

それにソイルや麦飯石といった特殊な石に比べて安い。

ちょっとメダカや熱帯魚の飼育に興味が出たけど、そこまでお金をかけられないって初心者の人でも手が出しやすいですね。

メダカや熱帯魚の色を濃くしやすい

多くの魚は周りの環境に合わせて体色が濃いくなったり薄くなったりします。

これは保護色といって多くの魚がもっている能力なのですが、大磯砂(南国砂)は濃い色のものが多いので水槽で飼っていても魚の色が濃いくなります。

せっかく飼うなら綺麗に見たいですよね。

底面ろ過に最適

底面ろ過とは水を綺麗にするろ過の方法の1つですが、水槽などの底に設置して使うため底床全体をろ過材として使い高いろ過能力があります。

どんなろ過方法でも定期的にメンテナンスしないといけませんが底面ろ過の場合、底床の目詰まりや底面ろ過装置の底にゴミが溜まってきたのを掃除する必要がでてきます。

ソイルや細かい砂はそういったメンテナンスがとてもやりにくいです。

大磯砂(南国砂)は前述したように通水性に優れているので、目詰まりもおこしにくいし、メンテナンスもやりやすいのです。

大磯砂を使うデメリット

大磯砂を使うことのメリットを書きましたが、もちろんデメリットもあるので紹介します。

使用初期には水質をアルカリ性に傾ける

大磯砂がなぜ水質をアルカリ性に傾けるかというと、大磯砂の採取場所に関係があります。

採取場所は最初に説明しましたが、外国の海岸部でしたね?

日本の海岸部でも良いので想像してみてください。貝殻の破片が砂に混ざってませんか?

海外の海岸部でも同じことがいえ、輸入してきた大磯砂には貝殻やサンゴが混じっています。その貝殻やサンゴが使っている間に溶け出して水質をアルカリ性に傾けるのです。

大磯砂自体にアルカリ性に傾ける性質はないので、貝殻やサンゴがすべて溶けきってしまえば影響もなくなります。

大磯砂を使用する前に酸処理という混ざった貝殻やサンゴを溶かすって方法もありますが、アルカリ性といってもそこまで気にするレベルではありませんので普通に水槽などに使う量なら気にすることもないでしょう。

酸処理は処理後が少しめんどくさいですしね。

水草を育てにくい

水草のほとんどは水質が弱酸性から中性を好むので使用初期でアルカリ性に傾むくため、水草にとっては厳しい環境になります。

ソイルに比べると石なので養分もなく根を張っても底床から養分を吸収するってことができませんね。

通水性が良いことが水草を育てるうえでも弱点になり、水草が根を張っても簡単に抜けてしまうので、コリドラスなどの砂を掘るような魚がいると抜けてしまうのです。

小粒の大磯砂であれば、砂の中に肥料を埋めるなどすることで、水草を綺麗に維持することも可能でしょう。

しかし水草を育てるのは難しいので、初心者が大磯砂を使って飼育するなら使う水草は根を張らないマツモやアナカリス、アヌビアスナナのような強い水草を使用しましょう。

飼育容器にキズをつけるかも

大磯砂を手にとってもらうとわかるのですが、海岸部で取れただけあって角がとれて丸くなっています。

でもどんなに丸いといっても小さな石ってことは変わらないので、ガラス水槽やプラケースのような容器の中に落としたり、中でシャカシャカ洗ったりしたら飼育容器がキズだらけになってしまいますよ!

飼育容器に絶対キズをつけたくないって人はソイルなどの柔らかい底床をオススメします。

処分に困る

ソイルは廃棄するときにはプランターに混ぜ込んだり庭に埋めれば、もともとが土なので自然にかえりますが、大磯砂は小石なのでプランターには使えないし庭に埋めるぐらいしかできませんね。庭がない人は埋めることもできません。

石だからいって近所の川などに捨てないようにしましょう。不法投棄になりますよ。地域のルールにもとづき処分してください。

大磯砂を使う方法

大磯砂を買ってきたら、袋を開けてそのまま水槽などの容器に入れる前にやることがあるので、確認しておきましょう。

大磯砂を洗う

買ってきた大磯砂にはゴミなどが付着しているので洗う必要があります。販売メーカーによっては塩分がついたまま販売しているかもしれません。

キズがついても良いバケツを用意して、その中に大磯砂を入れます。

シャワーで水をかけるだけでも結構な量のゴミが浮かんでくると思うので、1度その水を捨てて再度水を入れかき混ぜるって方法を何度かします。

自分は5回ぐらいやって終わってます。

余裕があれば少量ずつ洗った方が綺麗に洗うことができますね。

必要なら酸処理をする

酸処理とは大磯砂に混ざっている貝殻やサンゴを溶かして、使用初期に水質をアルカリ性に傾けさせない処理のことです。

メダカのようにそこまで水質にうるさくない魚は気にすることもありませんが、水質に敏感でアルカリ性が苦手な種類の熱帯魚を飼うなら酸処理は必要になるでしょう。

酸処理とか面倒なことが嫌なら、1年程度は強い魚を飼って水質が安定してから飼いたい魚を飼うのが良いでしょう。

まとめ

大磯砂はメダカや熱帯魚などの飼育をはじめようと思っている初心者の人がどんな底床を使うか迷っているなら、間違いなくオススメできます。

ソイルがショップやホームセンターで大々的に陳列されている中で大磯砂は棚の下の方にひっそりと陳列されていますが、結構万能に使うことができるのです。

とりあえず大磯砂のような使いやすい底床で飼育について馴れてきたら他の底床も使ってみたらどうでしょうか?

おさらい

大磯砂の長所

  • 価格が安い
  • 手に入りやすい
  • ほぼ永久的に使える
  • 通水性に優れている
  • 角が取れているので生体がケガしにくい
  • 色が濃いので魚の発色が良くなる

大磯砂の短所

  • 設置初期では水質をアルカリ性に傾ける
  • 水草を育てるのにはむいていない
  • 水槽にキズが入るかも

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。